光の扉

 

見えぬ

 

感じること

すら

できぬ

 

とびら

 

あけ放つ

 

そして

 

生きる

 

ことを

 

 

 

鈴木 心彩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木 心彩 (すずき こいろ)/ 詩人。ろっぺん。