おじぎ

おじぎ

 

こんなにも

美しい

おじぎが

あったのかと

 

少しばかり

母なるものは

たじろいだことなど

知る由もなく

ゆっくりと

頭(こうべ)をあげる

二才の娘のこと

 

 

ろっぺん(鈴木 心彩)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木 心彩 (すずき こいろ)/ 詩人。ろっぺん。