薔薇

薔薇, 棘, 母

 

纏う

甘い

芳香

 

 

あの頃も

今も

守られているとも

知らずに

 

誇らしげに

活けた

その

バラのこと

 

その棘は

どこに

向けられた

ものだろう

 

 

ろっぺん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木 心彩 (すずき こいろ)/ 詩人。ろっぺん。