ポエトリウム

鈴木 心彩, ろっぺん, 詩人,

 

どれだけ

せいのびをしても

ぼくは

ぼくの

ぜんぶすら

かたれない

 

ぼくは

ぼくの

ぜんぶすら

しらないし

 

ぼくの

ぜんぶでない

ことばですら

 

きょうの

きみが

よむかも

あすのきみが

どうかんじるかも

 

ぼくが

きめることは

できない

 

それでも

ぼくは

かたりつづけよう

 

そんな

ふかんぜんな

ぼくも

 

あつめていったら

ぜんぶが

わかるひが

くるかも

しれない

 

ぼくの

うめられなかった

ピースを

 

だれかが

うめてくれるひが

くるかも

しれないから

 

ろっぺん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です